ニーズ1
ニーズ2
ニーズ3
ニーズ4

子供の言葉は残酷・・・毛深いとからかわれる原因にも

やんちゃな子供たち

 

子供の成長は、さまざまな言葉を覚えて使い始めることによって、急速的に脳が発達していくともいわれます。

 

子供の良さというのは、素直なことであり、純粋なことであり、その過程の中で不要な抑圧は子供の成長を妨げる、ねじまげるともいわれます。

 

言葉というのは、とても難しいものですね。時に、子供の言葉は残酷です。何気なく発した言葉が、他者を傷つけるということをまだ分かっていないということもよくあることです。

 

そもそも、女の子はもともと口が達者でおませさんが多いものです。テレビや雑誌、CMなどでは、可愛い・美人・お洒落といったキーワードに反応する子も多いそうですよ。

 

体毛というのは遺伝的な要素が多く、毛深い傾向のある子は幼児期から毛深いものです。

 

ほんとは言うほど目立つわけでもないのに、「まっくろくろすけダネー」「ゴリラみたい」「毛深いね!」なんて、何気なく言葉が飛び交うこともあります。

 

それが音の抑揚の良さもあって場の盛り上がりを作ってしまうこともあり、繰り返されるからかいの原因、ひいてはいじめにも繋がると言われています。

 

特に最近では、ムダ毛に関連する脱毛のCMや特集、雑誌や広告、あらゆるところで目にする機会が多く、話のタネになりやすくもなっています。

 

なかなか、周囲を変えることが難しいのも現実ですね。

 

毛深さと遺伝は関係がある

毛深さと遺伝は関係があります。

 

遺伝子レベルで決定されているものを、後天的に変えるというのは難しいものですし、一朝一夕で適うものではありません。

 

かといって、毛深いという悩みは解決する方法がたくさんあるわけですから、さまざまな手段を用いて悩みを取り除いてしまうことは有効です。

 

解決できるコンプレックスは解決してしまった方が、気が楽ですよ。

 

手軽なのは除毛ジェル・クリームでの処理

子供の毛深さやムダ毛にお手軽で人気があるのは、除毛ジェル・クリームでの処理です。

 

子供も使えるという天然成分の肌に優しい製品が続々と発売されています。

 

「お肌に優しく、さらに美しく。」特に近年、さまざまなスキンケアメーカーでは大前提とも言われ、どれだけ肌に優しい商品であるかということが競われていると言っても過言ではありません。

 

ついには、とてもお肌が弱いとされる子供であっても、十分に使用できる!という製品がたくさん発売されている今日に至るわけです。

 

数あるメーカーの切磋琢磨のおかげとも言えますが、この恩恵をしっかりと享受して、子供の悩みも解決しちゃいましょう。

 

子供でも脱毛できる「ディオーネ」のハイパースキン脱毛とは

毛深いお子様を持つお母様たちへの朗報ですが、子供でも脱毛できるのはご存知でしょうか。

 

キッズモデルや子役の間では既に浸透しているそうですが、「ディオーネ」のハイパースキン脱毛はとてもお肌に優しく効果的です。

 

3歳からOKで、そもそも、毛深いことで悩む女の子向けに開発された脱毛法なんだそうです。実績も豊富、既にキッズ脱毛に対する安定性についても評価は上々です。

 

従来の光脱毛とは仕組みがちがう

いわゆる光脱毛・レーザー脱毛とは少し種類が違います。黒色に反応する光を照射して毛根を焼くのではなく、休止期の“毛の種”に発毛因子を抑える効果のある特殊な光を当てて、発毛そのものを抑制していきます。

 

毛周期の休止期にのみ効果があるため、1年程度はディオーネの脱毛サロンに定期的(3週に1回など)に通う必要はありますが、肌のダメージをほとんど気にする必要がありません。

 

また、ハイパースキン脱毛で使用する特殊な光にはコラーゲンの生成をサポートする光も含まれているため、美肌効果もバッチリ。

 

ハイパースキン脱毛は決して安くはありませんが、コース制度で料金も決まっていますし、勧誘などがなく通いやすさにも定評があります。

 

最近では、小学生の悩みに“ムダ毛”といったアンケート結果も出ているそうです。ファッション性の高い洋服の低年齢化というのが問題提起されることもありますが、良し悪し以前に“そういう時代”でもあるわけですね。

 

子供の脱毛で人気(需要の多い)部位とは

子供の脱毛で人気(需要の多い)部位は、実は大人と変わらないそうです。トップ3は、ワキ・腕・脚(太もも・ふくらはぎ)です。

 

特に最近の夏は暑いというのもあり、小学生の女の子でもタンクトップに短パンというスタイルも定番化していますね。キャミソールワンピなんかも人気です。

 

また、男の子の視線が気になるというよりは、女の子は女の子の目線が気になるわけで、ちょっとしたことで話題になりがちなわけですね。

 

可愛いファッションをしている子がいれば、似たようになりたがりますし、TVアニメでも可愛いアイドルが人気です。保育園児や幼稚園児ですらAKBのファッションを真似したがるものです。

 

必然的に露出部のお肌がツルンと綺麗でありたいと願うのは、ある意味では女のサガかもしれません。