ニーズ1
ニーズ2
ニーズ3
ニーズ4

脱毛サロンの勧誘でよくあるケースについて

勧誘にドン引きする女性のイメージ

 

脱毛サロンに多い格安キャンペーン。「500円のワンコインで、両脇脱毛ができます!」

 

「今なら1,000円キャンペーン中!両腕脱毛を実感できます」などといううたい文句の広告が巷には溢れていますよね。

 

ですが、これらのキャンペーン、脱毛サロン側からすると、本プランを契約させるための釣り広告でもあるのです。

 

基本的に脱毛、特に永久脱毛の効果がある脱毛施術はとても高額な価格がしますよね。安い所でも10万円くらいはかかるのではないでしょうか。

 

ただ、当初からこのような価格を提示していても、お客さんは寄ってきません。逆に高いサロンだというイメージをもってしまい、敬遠しがちになります。

 

そこで、ワンコインなどの格安キャンペーンを行うことで、気軽にお客様に来店してもらえる入口を作り出します。一度来店してしまえば、サロン側としてはしめたもの。そこから勧誘トークへとつなげていきます。

 

そして、実際に来店したお客様に体験コースを実感してもらい、本契約へとつなげていくのです。

 

過剰な勧誘で問題の多かった過去

昔は法律やガイドラインなども整っていなかったため、今に比べるとかなりひどい勧誘が多くありました。

 

たとえば、お店に興味を以て来店したお客様を、サロンの一室に閉じ込めて、契約するまでその部屋を出さないようにトークを続けると言う所もありました。

 

ひどい所では、半日に渡りお客様を拘束していたという所もあります。

 

また、たとえば、脱毛サロンであれば、施術を行ったお客様に対して、他の部位の施術を進めることは当たり前の用に行われていました。

 

さらに、施術後の肌の保湿に良いなどとうたい、高額な化粧品類を無理やり購入させるというケースもたくさんありました。

 

現在はガイドラインなども整備されているため、長時間に渡り監禁されるというような過度の勧誘は少なくなってきています。

 

勧誘なしを謳うサロンは本当に勧誘しない?

最近よく聞く広告の一つに、「当サロンは勧誘をしないので、安心して来店してください」などと言っているところがあります。

 

実際にこのようなサロンは勧誘をしないのでしょうか?

 

確かに、勧誘と言っても先ほど申し上げたような長時間にわたる拘束もあれば、口での簡単なコース説明もあります。

 

勧誘なしと謳っているサロンであっても、他のコースに全く触れないと言う所は正直ありません。最低限、他のコース説明が入ってきます。

 

また、実際のところ、施術前のカウンセリング時に本契約を勧められたり、施術が終わってから本契約を締結させるということろはたくさんあります。

 

勧誘が苦手な人や断りづらいと言う人は、このようなサロンは避けた方が良いでしょう。

 

よくある勧誘のパターン、誘い文句の例

良くある勧誘のパターンとしては、カウンセリング時の勧誘があります。

 

カウンセリング時には、自分のムダ毛の悩みや肌の状態、日常生活がどのようなものかなどをスタッフに伝えていきます。お試し体験などでカウンセリング、施術を受ける場合、当初はワキというように部位が定められています。

 

しかし、勧誘を行うサロンの場合にはカウンセリング時に、「ワキだけでなく腕や足も一緒に脱毛しませんか?いまなら一括で安くなりますよ。」というように、セット販売で安くなるようなことを示唆してきます。

 

また、施術中も、スタッフと話やすい雰囲気になっています。そのため、体験しているコース以外のコース説明や肌に良いと言われる化粧品などのあっせんも受けることがあります。

 

「今、サロンで使わせてもらっているこの化粧品ですが、本当にお肌の状態を良くしてくれます。お客様のお肌は比較的乾燥していらっしゃるので、こちらの保湿化粧品をお勧めしますよ。」というように、スタッフ達は積極的に商品を勧めてきます。

 

さらに、体験の当日中に申し込みをすると入会金が0円になるなどの割引サービスを提示してくるところも良くあります。

 

うまく勧誘をかわすコツは

お断り!の意思表示

 

サロン側には勧誘マニュアルが準備されており、お客様が少しでも商品に興味を見せたら積極的に勧誘するようにスタッフは指導されています。

 

そこで、少しでも気の緩みを見せてしまうと、しつこい勧誘に入ってしまいます。

 

このようなしつこい勧誘をされた場合にかわすコツとしては第三者を出すことです。

 

たとえば、コース説明が長くなりそうであれば、「今日は、友人と待ち合わせをしているので、また改めて説明を受けさせてください」などと断り文句を伝えましょう。

 

また、経済的な理由で契約できないと言う場合もありますよね。そういう時には「夫や両親に相談しないと高額商品は契約できない」というように、自分ではない人間を話に出すのです。

 

ただ、経済的な事を理由にすると、サロン側ではローン制度を用意しているところも多いため、ローン契約を勧められることもあります。

 

契約をしたくない場合には、気が向かないかもしれませんが、毅然とした態度で勧誘を断るようにしてくださいね。

 

ただ、あまりに突っぱねる態度は考えもの

不快な勧誘や接客をされた場合、はっきりと断ったり毅然とした態度をとるのは正しい方法です。

 

ところが、強気にいく気持ちが余り、クレーマーのような客になってしまうのは問題。

 

実際にエステティシャンから話を聞く機会があったのですが、実際に会員から受けたクレームで以下のようなケースがありました。

 

「効果がなかったから今回分は無しにしてほしい」と無理を言われる

毛周期などの関係で効果の表われ方はさまざまなのに、「効果がなかったから今回分は無しにしてほしい」と電話で無理を言ってきたお客さんがいらっしゃいました。

 

一応、毛周期に合わせたお手入れなので、効果がないように感じる場合もあるという点を説明したにもかかわらず、「今回分は1回に数えてほしくない」の一点張り。

 

気持ちは分からないわけでもないですが、そういうことが生じる可能性があることも理解していただいた上での契約となっているので正直困りました。

 

事前処理がきちんとできていないのに認めないお客さん

自分で処理しにくい背中やIライン、Oラインなどの一部の部位を除いて事前処理としてムダ毛を剃ってくるのが約束事となっているのに、処理をせずに来られるお客さんもおられます。

 

1回目のお手入れの時などは、うっかりと忘れて来てしまったお客さんに対しては、別料金がかかることを説明した上でシェービングしてあげるようにしていますが、中には確信犯と思えるお客さんもいて、剃った形跡がほとんどないにも関わらず、「剃ってきたので」と言ってシェービングの必要はないと言い張る方もいらっしゃいます。

 

その状態で脱毛したら、大やけどにつながる可能性があるので剃るしかないのですが、別途のシェービング代を払う気がないので困ります。

 

「次からは遅れないようにしてくださいね」と言ったら逆切れされた

サロンには時間厳守が約束事となっているのに、20分以上遅れて来られたお客さんがおられます。

 

そのような場合、通常は施術をお受けすることはできないのですが、たまたまその時間に空きがあったことと、お客さんの強いご要望もあり、特別にキャンセル金なしで施術を行いました。

 

次回の予約を取る時に、「次からは遅れないようによろしくお願いしますね。」と言ったら、「しつこいわね!1回遅れたくらいで、何度も言わないでよ!」と逆切れされ、それから長くグチグチと言われてしまいました。

 

他のお客さんもちょっと引いていましたし、こんなことなら施術を受けなければ良かったとすごく後悔しました。

 

もちろんエステティシャンも人間ですし、勧誘に対する考えや押しの強さは人それぞれながら、やはり来てもらうお客さんに少しでもキレイになってもらいたいという気持ちは持っているもの。

 

サービスを提供する側と受ける側の双方が気持ちよく時間を過ごせることは理想なのは間違いのない部分ですね。

 

スタッフとは長い付き合いになるからこそ

カレンダーと手帳

 

脱毛サロンに通うとなると、1年、2年という単位でエステティシャンと付き合っていくことが必要となります。

 

しかし、なかには「どうもあのエステティシャンに嫌われている感じがする」とか、「他の部屋からはエステティシャンとの楽しい会話が聞こえてくるのに、わたしの場合はそうでもない」というような印象を受ける人もいるのだそうです。

 

そんなことがあると、脱毛サロンに通うのもちょっと気が重くなってしまいますよね。

 

脱毛サロンに楽しく通うためには、エステティシャンとの良い関係を保つのも大切なポイントとなります。

 

もちろん、エステ側は「お客は神様」という意識で接客するように指導しているものの、やはりエステティシャンも同じ人間です。ちょっとした言葉に傷ついたり、イライラさせられたり、ということは日常茶飯事なのです。

 

プロ意識が高いエステティシャンは、いくら不快な思いをしても平常心を保つように努力しているものですが、やはり感じの良いお客さんには自然な笑顔が出てくるものの、そうでないお客さんには緊張感が走って笑顔も不自然になってしまったり・・・ということは起こります。

 

ですから、エステティシャンと良い関係を築くために努力をすることは、自分自身が気持ち良く施術を受ける上では必要なことという意識を持ちましょう。

 

とはいえ、「もともと人と話すのはそんなに得意じゃないし・・・」という人もいると思いますし、エステティシャンの機嫌ばかり伺うのは苦痛という風に感じる人もいると思います。

 

ですから、無理してお喋りをしたり、無理してご機嫌を取ったりということはする必要はありません。

 

ただ、挨拶は返すこと、声をかけられたら明るく答えるようにすることを心がけるといいでしょう。

 

エステティシャンは「痛くないですか〜?」とか「大丈夫ですか〜?」という風に声をかけながらお手入れをしています。その場合、「大丈夫です」「ちょっと痛いです」などと明るく答えるようにしましょう。

 

また、「ジェル塗っていきますね〜」と言われた時などは、「は〜い」とか「お願いします」とか答えるだけでも印象は違います。

 

もちろん、施術の後は「ありがとうございました」と伝えてあげると、エステティシャンは自然と笑顔になるはずです。

 

もし、ちょっと遅れてしまったというような時は「遅れてすみません!」と謝りましょう。

 

ちょっとしたことですが、伝えるかどうかでエステティシャンとの関係にも大きな違いが生まれますので、ぜひ意識してみてくださいね。